intoroduction

残された時間、10秒。
愛する人が消える時、何を伝えればいいのだろう。

『アワ・ブリーフ・エタニティ』(東京国際映画祭ほか)の福島拓哉による、4年ぶりのオリジナル新作短編。ドイツ・ハンブルク日本映画祭のプレミア上映で超満員の観客から絶賛された、一般的な娯楽作品とはまったく違う切り口で描くタイムトラベルムービー。主演は注目の若手俳優・高橋卓郎。音楽は福島作品を常に支える関口純とUnnecessary Noise prohibitedの『アワ・ブリーフ・エタニティ』以来となるコラボレーション。過激なエロス、衝撃的な展開、そして生と死をめぐる重厚な物語が、退廃的な世界観で繰り広げられる、濃密なサイコ・ファンタジー。