ESCAPE FROM THIS FUCKIN WORLD 福島拓哉特集上映

escape%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

 

90年代初頭より50本以上の映像作品を発表、代表作『PRISM』『アワ・ブリーフ・エタニティ』『自由』を紡ぎ出し、劇場デビューから15周年を迎えたインディペンデント映画界の鬼才、福島拓哉監督特集上映。
福島拓哉ワールドを堪能できる最新短編作品『LEGACY TIME』の上映を軸に、「都会 / 東京」に生きる彼が表現し続ける「現実と妄想 / リアリズムとファンタジー」をあますところなく体感できる作品群が、新旧織り交ぜスクリーンに登場。
いまではない、いつかへ。ここではない、どこかへ。

福島拓哉プロフィール

■ 特集期間
2016年12月3日(土)〜12月16日(金)

■ 劇場情報
下北沢トリウッド
東京都世田谷区代沢5-32-5-2F
http://tollywood.jp/
tollywood_logo_2016_new

■ 料金
前売:1000円
当日:一律1200円(各プログラム共通)

■ プログラム/タイムテーブル
timetable_02timetable_01

■ イベント情報
※期間中、ゲストを招いたトークイベントやシークレット上映など開催予定。詳細はトリウッドHPをご確認ください。

インディペンデント映画史として

大槻貴宏(トリウッド代表)
福島拓哉監督とは開館以来15年以上のお付き合いです。その当時、彼と一緒に上映していた若手監督の中で、どれだけの人がこういう形で撮り続けているのでしょうか。商業的な作品に行かれた方々や足を洗った方々、そんな監督達の顔を思い出しつつ、この特集を企画しました。
自由に、コンスタントに撮り続けている一人の映像作家の歴史であると同時に、ミニDVの時代からのインディペンデント映画の歴史を感じられる企画になりました。

上映作品

【プログラムA】

LEGACY TIME
legacytime_bg_trim
ストーリー
予告編

 

【プログラムB】

the point(2,8,16)
thepoint
2004/16min/劇場公開作品
タイ短編映画祭国際コンペティション部門ほか
出演:上倉栄治、ヴィヴィアン佐藤、クラリッサ・カール・ノイベルト、里見瑶子
友を助けるために敵に撃たれた男。目覚めるとそこは見たこともない場所。不思議に思う男の前に、死神が現れて言う。「あなたは間違ったのです」
原作は古典落語『死に神』。仮死状態になった一人の男が生き返るまでの物語を、全8章のマルチ画面に展開する映像と異色キャストで描く実験的なサイコ・ファンタジー。

JAM
jam_trim
1999/30min
水戸短編映像祭(審査員奨励賞)ほか
出演:福島拓哉、周東君美、堀井秀子、泉常夫
頭の悪いダメ女の部屋に居候しているヒモ男。ギャンブルにはまり時間と金を浪費している彼に、都合のいい仕事の話が舞い込むが…。都会の片隅のグズグズなラブストーリー。主演も兼ねた福島が監督としても俳優としても映画祭で受賞するなど、デビュー前の最高傑作。

HOME
home

2000/23min
出演:堀井秀子、福島眞也、山下念吾
隠居生活の父、父の面倒を見る姉、離れて暮らす弟の3人家族。姉の結婚を機に、離れて行く運命にある家族のすれ違う思いを描いたホームドラマ。
父親役で福島の実父が出演。14年には本井プロデュースにより某社CMとしてリメイクされた秀作。

 

【プログラムC】

PRISM
prism

2001/98min/劇場公開作品
ソウル国際クィアフィルム映画祭ほか
出演:山下念吾、岩崎高広、堀井秀子、周東君美、金子清文、大野勢太郎
バイセクシャルでドラッグ常習者の映写技師が体現する妄想と現実。上映を任された一本の映画『PRISM』、子供の頃に読んだ童話の夢、突然姿を現す黒服の老人。心の闇と記憶の光が織り成す、サイコファンタジー。
黒沢清、園子温、古厩智之など多くの映画人から絶賛された劇場デビュー作。公開劇場で動員記録を樹立し「新世紀の才能」と話題になった伝説的作品。音楽担当はJazztronik。
http://www.p-kraft.com/prism/

 

【プログラムD】

自由
freedom

2003/37min/劇場公開作品
タイ短編映画祭日本部門ほか
出演:吉田鼓、福島拓哉、上倉栄治、山本真規子
ある事件に巻き込まれる女子高生と、同棲していた彼女と別れることになった会社員。メル友の二人の、出会うことのない日常が、少しずつ変化する。
前後編に分かれた構成で、福島は後編の主演も兼任。当時ほとんどなかったメール文章を画面に表示する手法など、福島らしい実験性も感じられる。短編ながら劇場公開されると『PRISM』を超え動員新記録を樹立。主題歌はあがた森魚『キットキット!!遠く遠く!!』

Borderland
borderland_trim
2004/20min
出演:熊崎由紀雄、石和咲子、玉一敦也
FUCK!とキレまくる女の純愛、男が見たのは遠いBorderlandの夢。二人の思いは冬の朝焼けへと消えていく。P-kraftサイト上で1日だけ行われた公募によりキャストを決定。また撮影も1日だけで作るという突発的な企画。『JAM』に通じるロック感あふれるテイストの短編。

days of
daysof

2006/9min/劇場公開作品
出演:珠几、玉一敦也
森の中に住むカテ族のミコは、ソトノヒトの血を受け継ぐ者だと知らされ、追われる身となる。森を越えソトノマチへと逃亡するミコを、フルキヒトの頭領・アメが見ていた…
壮大な世界観をベースに実験的な音響で逃亡劇を描いた、サイケデリックな体感映画。「8ミリ撮影・デジタル編集・近未来」をルールとしたオムニバス『over8』参加作品。

 

【プログラムE】

ゴージャス・プリンセス!
gopri

2012/40min/劇場公開作品
カメラジャパンフェスティバル上映
出演:大崎由希、梅田絵理子、園部貴一、高橋一路、岩崎高広、川瀬陽太、三上寛
ブスで卑屈で処女のアズサとモテキャラのリエの売れない女芸人コンビ「ゴージャス・プリンセス!」。ある日会社の同僚がアズサにまさかの告白!さらにライブ中にリエに処女だとバラされ大喧嘩!果たしてゴープリの運命は!?今泉力哉・吉田光希と共に参加したオムニバス『ヴァージン』に収録された、ハイテンション感動ラブコメディ。
http://ameblo.jp/2012virgin/

エンザイ
enzai

2007/9min/
出演:里見瑤子、玉一敦也、高橋敏之
第三次世界大戦下の東京。出征中の夫を待つ女は、本当は狂ってないのに近所の主婦から狂人だと噂され、仕方なくそれを演じ続けている。そしてある殺人事件の容疑者にされてしまうが、狂人を演じた結果もはや自分が潔白なのかよくわからなくなっていた…。
壮大な世界観で小さな物語が繰り広げられる不思議なサスペンス。

世界の終わりはあなたと一緒に
sekai

1999/33min
みちのく国際ミステリー映画祭オフシアター部門ほか
出演:堀井秀子、岩崎高広、能登誠、光浦靖子、大久保佳代子
行方不明の婚約者を探して状況してきた女と謎の変死を遂げたその婚約者の霊、そして、世界滅亡の謎を知った男の3人が繰り広げる世紀末救世主コメディ。
ノストラダムスの大予言に呼応して99年7月末の3日間で撮影された作品。当時常連俳優だった堀井秀子・岩崎高広らに加えオアシズが出演している。

 

【プログラムF】

アワ・ブリーフ・エタニティ/OUR BRIEF ETERNITY
obe

2009/105min/劇場公開作品
東京国際映画祭日本映画・ある視点部門ほか
出演:草野康太、呂美、岩崎高広、珠几、川野弘毅、竹内茂訓、梅田絵理子、福島拓哉
新種のウイルス「エマノン」感染により、最愛の人の記憶だけが失われる奇病が多発する東京で、自らを高等遊民と称する男がかつての恋人と再会する。しかし彼女は感染者だった。記憶を失っている彼女との関係を再生しようとする男。そしてパンデミックによりついに東京戒厳令が発動。壊れていく東京を、世界を捨て、二人は約束の地へと向かう…。
終末的な世界観をベースに記憶をめぐる物語が繰り広げられるサイコ・ファンタジー。「東京」にこだわり続けた福島拓哉の代表作であり、東京国際映画祭を始め世界各国で大絶賛された傑作。
http://www.p-kraft.com/obe/

SAYONARA BRIEF ETERNITY
14500648_1265698120136486_309130707018900375_o

2012/10min/
ハンブルク日本映画祭
出演:大崎由希
感染すると最愛の人の記憶を失ってしまうエマノン・ウイルスのグローバル・パンデミックから3年後。開発されたワクチンを投与し、目覚める女。彼女は自分がエマノンに感染し、最愛の恋人の記憶を失っていたことに気づくが、同時に恋人はすでに死んでいることも思い出してしまう。
『アワ・ブリーフ・エタニティ』DVDリリースイベント用に制作されたスピンオフ短編。

 

【プログラムG】

LET LOVE RULE
let

1998/90min
出演:山下念吾、丸山昌子、堀井秀子、若松和也、能登誠、岩崎高広、泉常夫
子供っぽい恋人との関係に満足できない男、かつての恋人、浮気に悩むゲイの男、身重の妻の為に勝ちたい棋士、無自覚なストーカー。東京の片隅でうごめくそれぞれの恋愛が、シュールに交錯していく群像劇。
諸事情でわずか数回しか上映されていない貴重な長編が、スクリーンに復活。

 

【プログラムH】

クロス・ザ・レンズ
crossthelens
2005/75min/劇場公開作品
出演:浅野忠信、竹内スグル、実相寺昭雄、佐藤寿保、カネコアツシ、宮崎大
江戸川乱歩原作オムニバス『乱歩地獄』の制作過程を追った長編ドキュメンタリー。本編の4人の個性的な監督及び、4本すべてに出演した浅野忠信、プロデューサー宮崎大へのロングインタビューにより、日本映画最前線で活躍する映画人の創作の秘密に肉迫する。そしてカメラはいつしか監督である福島拓哉自身の内奥へと踏み込んでいく。
http://www.p-kraft.com/crossthelenz/crossthelens.htm